ay_16r: (Takaki stars)
[personal profile] ay_16r
"Can't stop, untill I will have finished my work with illustrations." tte? Usotsuki desu ne, atashi. ))

I's not a whole next part, but I want post it right now. The whole part will be 15-20 hours later, when I have finished making of the transcript.

Winona told Dhaos about her past (10 years ago Winona was abandoned by her parents: they leave the child on a mountain road, abandoning Winona to her fate; when she was picked up by a circus troupe). She didn't speak about it, untill Dhaos began to question about her.

「先刻、キミの仲間の一部が都を出てから様子が変わったように見えるが、私の気のせいか?」
「え……?」
突然、話が変わり、ウィノナは口ごもる。一変して表情を曇らせながら、ぎこちない笑みを浮かべた。
「……そんなコトないよ? ……何で?」
「見誤りならば謝罪する。——私にはキミも彼の者たちと同様に、故郷へ戻りたいように思えるが?」
「……そんなコト……」、近くのソファーに浅く腰かけて、ウィノナはつぶやいた。「……ある、……かな?」
次の言葉を待つように沈黙しているダオスに、困ったような目を向けるウィノナ。しばしの後、短いため息を一つ吐いて口を開いた。
「……アタシね。捨て子なんだ」
十数年前、物心がつくかつかないかの歳のころに、ウィノナは親に捨てられた過去を持つ。両親とともに旅をしているさなか、山間の山道に置き去りにされたのだ。
食料を手に入れてくる、と言い残したまま、両親は三日経っても戻らず、通りすがった奇術団に拾われた。
それが今も覚えている一番古い記憶になっている。
「だからね、アタシ、自分がどこで産まれて、どこに住んでたのか知らないンだ。故郷に帰りたくても、どこが故郷なのか知らないンだよね。帰りたいけど、帰れなくて、……そんな感じ」
「すまない。古い傷を」
「ああ、いーのいーの。今は団の連中が家族で、みんなが行くところがアタシの故郷みたいなもんだからさ。ははっ。なーんか暗くなっちまったね。ヤメヤメ。そーゆーのガラじゃないンだよね」
陰鬱な空気を払いのけて笑い、ウィノナは立ち上がる。窓を押し開けて冬の風を部屋に招き入れながら、大きく深呼吸した。
そんな彼女の小さな背中を見つめながら、
「……帰れないか……」
ダオスは独白をこぼした。

Oh, Winona... Her story... Poor girl. :( And that awesome girl!
And that Dhaos... Attentive, kind... How can he be so awesome too?!
And lollollollol.
If I read it somewhere else, I would have thought: "Oh... That's a lovely fanon...". Damn it, it's a CANON! XD
From:
Anonymous( )Anonymous This account has disabled anonymous posting.
OpenID( )OpenID You can comment on this post while signed in with an account from many other sites, once you have confirmed your email address. Sign in using OpenID.
User
Account name:
Password:
If you don't have an account you can create one now.
Subject:
HTML doesn't work in the subject.

Message:

 
Notice: This account is set to log the IP addresses of everyone who comments.
Links will be displayed as unclickable URLs to help prevent spam.

April 2013

S M T W T F S
 123456
7 8910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

Style Credit

Expand Cut Tags

No cut tags
Page generated Sep. 20th, 2017 02:24 pm
Powered by Dreamwidth Studios